Nike Dunk Low ” Siempre Familia ” DO2160-335

Dunk

“死者の日”(Dia de los Muertos)は、メキシコでとても重要な祝日とされており、先祖を思い出し、敬う日です。NIKEがこの特別な日をテーマにしてエアーフォース1・エアージョーダン1・ダンクの3種類のスニーカーから展開されます。その中でも今回は「ナイキ ダンク ロー “シエンプレ ファミリア”」について深掘りしていきましょう。

ナイキ ダンク ロー ” シエンプレ ファミリア “情報

基本スペック情報

ブランドNIKE発売日2022/02/17
JPN2021/10/29
ベースモデルDunk Low価格$120 JPN¥15950
モデル名” Siempre Familia “カラーCARBON GREEN/RIFT BLUE-SAIL
スタイルコードDO2160-335付属品

NIKE DUNK(ナイキ ダンク)シリーズは1985年に誕生してから、様々なデザインの同モデルがリリースされてきた。それぞれのモデルにテーマを冠することが多い同モデルだが、今回はメキシコの祝日でもある”死者の日”をフュチャーしている。

本プロダクトでは、リザードスキンやアリゲータースキンなどをふんだんに使った珍しいフットウェアとなっている。メキシコらしいトカゲ、ガイコツのモチーフや色使いを使うことで”死者の日”を表現したモデルとなった。スペイン語の”SIEMPRE FAMILIA”(いつでも家族)という名前が付けられた本フットウェアAF1、AJ1、Dunkと3型で展開予定。

引用:SNKR DUNK

ダンクの魅力

引用:NIKE

ナイキダンクは、1985年にバスケットボールシューズとして発売されました。当時のバスケットボール界において大学チームが主役だったことから、ナイキはアメリカの主要な大学のチームカラーを取り入れたモデルを発表。これは「Be True to Your School」キャンペーンとして展開されました。このキャンペーンでは、各大学のカラーをフィーチャーしたダンクが発売され、スポーツ愛好者や学生たちから瞬く間に人気を集めました。例として、ケンタッキーやシラキュース、ミシガンなどの大学のカラーが取り入れられました。この戦略は成功し、ダンクはスニーカー市場において注目される存在となりました。

引用:NIKE

その後スケートボード文化とも深く関わるようになり、多様なデザインや機能が展開されています。時代や文化の変遷に合わせて進化を続けるナイキダンクは、スニーカー文化の中でも特別な位置を占めています。

ナイキダンクの歴史と概要

1985年、ナイキダンクはナイキ社が製造・販売を開始したスニーカーであり、元々はバスケットボールシューズとして開発されました。デザインはシンプルでありながらも、当時のトップレベルのバスケットボールプレイヤーに合わせて設計され、軽量であることを特徴としていました。

デザインと特徴

ナイキダンクのデザインは、ナイキの他の人気モデル、エアフォース1やエアジョーダン1といったシリーズと似ている点が多い。しかし、ダンクはそれらとは異なる独自の特徴を持っています。鮮やかなカラーリングや、大学のスポーツチームのカラーを取り入れたデザインなど、多彩なバリエーションが展開されています。

スケートボード文化との関連

もともとバスケットボールシューズとして登場したナイキダンクですが、1990年代中頃からスケートボード文化との接点を持つようになりました。スケーターたちは、ダンクのデザインや機能性に魅力を感じ、スケートボードのアクションに適しているとして愛用するようになりました。その後、ナイキはこの動きに応える形で「ナイキSB(スケートボーディング)」シリーズを開始。ダンクSBは、スケーター向けに強化されたクッションやトラクションを持ったソールなど、スケートボード専用の機能を持つようになりました。

レビュー

動画でスニーカーを見る

プレ値について

スニーカー市場は常に変動しており、特定のモデルが高値で取引されている可能性があります。スニーカーコレクションの人気や稀少性、特定のデザインやコラボレーションなど、さまざまな要因が価格に影響を与えます。スニーカー市場の変動要因をよりわかりやすく、下記の5点に絞り解説していきます。

  1. 新しいリリース: 有名スポーツブランドや大手アパレルブランドは新しいスニーカーモデルを頻繁に発売しています。これらの新作スニーカーはファッション愛好家やコレクターにとって注目の的であり、新しいデザインやテクノロジーが登場するたびに市場に変化が生じます。
  2. コラボレーション: スニーカーは自社ブランドとは別に、他のブランドや有名人とのコラボレーションによるスニーカーをリリースすることがあります。これらのコラボレーションモデルは通常、限定的で希少性が高いため、市場で高値で取引されることが多いです。
  3. ファッショントレンド: ファッショントレンドやカルチャーの変化は、スニーカー市場にも影響を与えます。特定のデザインやスタイルが一時的に人気を集め、それに合わせて価格が変動することがあります。
  4. コレクターコミュニティ: スニーカーは熱心なコレクターコミュニティに支持されており、希少なモデルや古典的なデザインは高額で取引されることがあります。コレクターの需要と供給が市場価格に大きな影響を与えます。
  5. 供給と需要: 特定のスニーカーモデルの供給量が限られている場合、需要が高まり、価格が上昇します。逆に、供給が多い場合は価格が安定するか下がることがあります。

個人的採点とプレ値評価

カラー4/5満点注目度4/5満点
デザイン5/5満点期待値3/5満点
価格4/5満点総合4/5満点
個人的な感想を含みます。

カラフルかつ独特のデザインが施されたこのダンクは、一見してシンプルなカラーブロックデザインとは一線を画していることがわかります。その鮮やかな色彩とメキシコの「死者の日」をテーマにしたデザインは、ファッション愛好者の間で非常に高い注目度を集めており、リリース時にはその人気を物語るような争奪戦が繰り広げられました。

この特別なデザインに見合うように、価格も15950円と少し高めに設定されています。しかし、人気の度合いや需要によっては、特定のサイズでは市場価格が定価に近いところで推移することもあるようです。これは、消費者のサイズや需要、供給のバランスによるものと考えられます。

全体的に、このダンクはデザインの面で強いインパクトを持ちつつ、価格面では一部のサイズでの変動が見られるという特徴があるようです。

リセールサイトをチェックする

このスニーカーを入手するために、StockX、Snkr Dunk、そしてYahooオークションのような海外リセールサイトや国内オークションを利用しましょう。これらのサイトは、希少なスニーカーを見つけ、購入するための最適な場所です。在庫状況や価格をリアルタイムで追跡し、レアスニーカーやコレクターアイテムを手に入れるチャンスを逃しません。この独特のスニーカーを探し求める旅が、あなたのファッションスタイルに新たな次元を加えることでしょう。

まとめ

「Nike Dunk Low “Siempre Familia”」を初めて手にした瞬間、その豊富なディテールとカラーリングに圧倒されること間違いなしです。履き心地についても、Nike Dunkシリーズ特有の快適さはそのままに、デザイン性を損なわない形で実現されています。これは、日常使いはもちろんのこと、特別な日の一足にも取り入れやすいスニーカーとして高く評価されています。私のレビューを参考に、「Siempre Familia」の魅力を自身でも体感してみてください。その独自のデザインとストーリー性に、きっと心奪われることでしょう。

コメント